オリンピック選手も観客もやっぱり緊張?

伝承咲人のけん玉ちばちゃんです。

新春は全国各地でけん玉大会が開催されていて、賑わいをみせています。

やはりお正月の伝承遊びの1つとして、位置づけられている部分も多く、凧上げや、コマ、羽根つきなどの遊びと同様に取り上げられることがあります。

けん玉の玉は赤が一般的で、おめでたい感じもあり、ありがたいイメージです。

とりわけ2月は以前から大きなイベント事もなく、春に向けての充電期間に当てられることもしばしばです。

特に今年は、韓国・平昌でのオリンピック開催もあり、日本選手をはじめとする多くのオリンピック出場選手の競技をテレビや新聞記事で目にするたびに、観ているだけの私が緊張してしまうことがあります。

その時、その一瞬に技が決まるかどうかは、観ている側の方が余計に緊張感が増します。

けん玉の大会や検定会の会場内は静寂な雰囲気を出しているので、観戦している方が緊張するとよくいわれます。

期待を背負った選手の皆さんの活躍に一喜一憂していて、後半もさらなる日本選手のメダルダッシュに期待しちゃいますね。

さて、今日も世界のアスリートがどのような競技姿を見られるのか、とても楽しみです。

さて、けん玉演歌歌手の三山ひろしさんは、今週末もテレビ出演がありますよ!

本日は19時より、BSジャパンにて「徳光和夫の名曲にっぽん」にご出演されます。

内容はデビュー前にしていたお仕事の裏側を紹介するそうですね。ぜひ歌にトークにお楽しみください!
http://www.bs-j.co.jp/meikyoku/