けん玉のよいところは、老若男女いっしょに楽しめることです!

伝承咲人のけん玉ちばちゃんです。

4月となり、各地のサクラも満開ですね!
先週も上野・浅草と歩きましたが、お花見客の皆さんでいっぱいでしたね。
隅田公園のサクラも素晴らしかったです。
日本の風情を感じながら四季折々の姿を目にすることで季節を感じますね。

この4月より、ご入園、ご入学する皆様、
おめでとうございます!
楽しい学びや遊びがたくさんありますように!

さて、先日は渋谷区の上原こども園にけん玉コーチに行ってきました。
久しぶりに伺いましたが、みんな大きくなっていましたね。

けん玉ショーの時は熱気が凄くて、立ち上がって喜んでいる子も見られました。身体を使った表現で、けん玉の魅力を感じてくれればとても嬉しいのです。

指導や検定の際も順番を守りながら、1回1回けん玉技にチャレンジしてくれました。年中さん年長さんが中心でしたが、今回は春休み中ということもあり、卒園児のみんなもけん玉をしにきてくれました。

また高齢者施設も同じ施設内にあり、数名の方々が参加をしてくれました。世代をこえて楽しまれるけん玉は見ていても嬉しくなりますね。

けん玉検定では51名が合格し、認定証をお渡ししました。合格したみんなおめでとう!

この春に卒園して新1年生になる年長さんもぜひ小学校へ行っても生活科などの授業でもけん玉をすることがあるので、続けてほしいですね!

検定の後には第1回のもしかめ大会の開催もありました。
自信のある子が参加して30名くらいで競われました。
もしかめとは「玉を大皿と中皿に交互に連続して乗せていく技」で100回くらい続く子もいます。
けん玉を通して集中力や動体視力も身につくとさらに良いですね。

森先生、今回もありがとうございました。
また次回も楽しみにしています。