全日本けん玉選手権

伝承咲人のけん玉ちばちゃんです。

先日は第40回全日本けん玉道選手権記念大会に出場してきました。

記念大会では、過去大会で決勝戦に進出したファイナリストに対して5年に1度のシード権があり、今回は5年ぶりの出場をしてきました。

技のレベルの高さと選手の適応力に驚かされる半面、新たな若い選手たちがたくさん出場していて嬉しく思いました。

久しぶりの大会にもかかわらず、抽選で14番を引き、eブロックでのトーナメント戦にエントリーされました。
2回戦からの出場となり、ワクワクした気持ちがよみがえってきましたね。

試合では、1種目目は、変動種目であった11番の「掛け軸ふりけん」が選技となり、初種目の技で迷いはなく、思い切って技を行えました。
1回目で成功し、久しぶりの決勝トーナメントの舞台で技が決められて満足でした。続けて2回目も成功し、連続成功です。
3回目は失敗に終わり、0-1となりました。

2種目目の技は、またもや変動種目の12番「大皿~ジャグリングとめけん」と最も手強いと思っていた技を自分で引いてしまいました。。。

何とか技を行ったものの、2本目で相手選手が成功し、0-2となりました。

決勝トーナメントの舞台は、やはり緊張と、1本技を決めたいと思う気持ちのバランスを取ることが重要で、今回は2本の技を成功させることができたことで、何とかまだできるという気持ちになりました。

また機会があれば、今後もけん玉の全日本選手権に出場したいと思います。
次は第45回大会ですね。現役選手続行です!

大会は伊丹支部の選手が3年連続で優勝し、今の勢いを感じました。
東京を含む関東勢の奮起にも期待したいです。

大会に出場した選手の皆さん、関係者の皆さん、お疲れ様でございました!

20180529