日別アーカイブ: 2018年2月27日

けん玉とアスリート

伝承咲人のけん玉ちばちゃんです。

さて、連日熱い競技を繰り広げていた平昌オリンピックも閉幕しました。

毎日、live映像で入ってくるテレビからの情報は白熱していて、どの競技も盛り上がっていたように思います。

けん玉の世界では、特にけん玉好きで知られる羽生結弦選手の2大会連続での金メダルは感動しましたね。
やはりフィギュアスケートもけん玉もその一瞬にかける思いは同じなのではと感じるものがあります。

けん玉は2回転灯台や2回転飛行機などの技がありますが、フィギュアスケートは自分自身が4回転するのですから、やはりスゴいですね。

また、スキージャンプの高梨沙羅選手も銅メダルを獲得しました。

前回のソチではまさかの4位と残念な結果でしたが、あれから着地に重点をおいての練習の中で、けん玉をお渡しして練習に使ってもらっていました。

膝の屈伸にはけん玉の皿に玉を乗せる「大皿」の技を決める動きだけでもかなりの力を使います。
ですからお皿乗せや大皿と中皿に連続して交互に玉を乗せる「もしかめ」をするだけで、
着地の練習になっていたのかもしれません。

けん玉が様々なかたちで取り上げられ、そして楽しんでくれている方々が活躍してくれることはとても嬉しいですね!

羽生選手、高梨選手メダル獲得おめでとうございます!
また4年後での活躍を期待しております。

そして、その前には東京オリンピックがやってきますね。
陸上や水泳選手とけん玉についても可能性を追究していきたいです。
また良いお知らせができることを楽しみにしています。